ビジネスマンが着るスーツの寿命と対策

ビル

ビジネスマンが着られるスーツは、一生着られるものではなく生地や縫製によって寿命は随分と変わります。
一般的な使用状態での目安としては、衣類には耐用年数が設定されていて一般的に夏物では3年、冬物では4年と定められています。
耐用年数は簡単に言うと最低限の品質が保たれる期間のことです。
劣化してくると生地が縮んでサイズが不自然になったり、表面が変色してきたりするなど品質として寿命を迎えることがありますが、耐用年数が来たからといって必ず着られなくなるということではないです。
スーツの状態が大きく変形したり、破れたりすることで着られなくなるほど寿命を迎えるのは、5年や10年よりもっと後になります。
どんなに丁寧に扱っていても汚れが積み重なったり、生地が伸びたり、擦れたりして使えば使うほど寿命が縮まるのが特徴です。
洗濯をしたとしても生地を痛めることになりますので、寿命を縮める原因になります。
クリーニングなら大丈夫と安心してる方もいらっしゃいますが、クリーニングも特殊な洗浄方法を使用されてるので、衣服にはダメージを与えていることを把握しておくことです。
といっても長く着られていて、一度もクリーニングに出さない方はいらっしゃらないですね。
スーツの寿命を長くするためにも2、3着購入して回転させることが大切です。

ビル